社会福祉士・通信教育でなるには?ランキング!

home > 社会福祉士の情報 > 通信教育で社会福祉士の資格を取得する

通信教育で社会福祉士の資格を取得する

社会福祉士とは高齢者や障害者など福祉サービスを必要とする人の相談に応じて、助言や援助を行うのが主な仕事です。専門的な知識と相談技術を持つ専門職として、有資格者は高い評価と信頼を得る事が出来ます。試験範囲が広いのが特徴であるため、出題傾向を押さえて効率的に学習する事が合格するためには必用です。通信講座を利用しながらでも学習する事ができるので、よく出るポイントを絞って分かりやすいものを選択する事が大切です。分かりやすさを求めるのであれば図やイラストが多く書かれており、専門用語も初歩の初歩から丁寧に書かれているものを選ぶ事が重用です。重要事項のまとめがなされている教材で、ハンディタイプのものであれば通勤や通学時などのスキマ時間を利用して学習する事が出来ます。自分の生活スタイルに合った学習をする事が出来るかどうかを比較して教材を選択する事で、効率よく知識を身に付ける事が出来ます。


社会福祉士になるためには通信教育でも学習可能

高齢化が進行する現在、福祉に対するニーズは拡大しています。社会福祉士とは、専門的な知識を利用して福祉サービス事業者などと連携しながら、障碍者や高齢者など介護の必要な方の援助を行う、今必要とされている資格です。社会福祉士になるためには、社会福祉士国家試験に合格しなければなりません。大学の福祉系の学部で必要な単位を取得し、実習を完了した人のみが受験することが出来ます。大学は通学制の他、通信制のものもあり、自宅で単位を取得して受験資格を得ることもできます。通信制の場合は、スクリーニング授業は数回のみで、テキスト学習レポート提出などで単位を取得していきます。短期間で受験資格を得られることが特徴です。国家試験は、細かなところから出題され難度が高いとされていますので、試験対策も必要です。試験対策用の通信教育もありますので、利用すると良いでしょう。


社会福祉士を通信で取得しましょう

社会福祉士は、通信で取得することをお勧めします。社会福祉士は、国家資格であり、老人ホームや病院などで働くことが出来て、就職に困ることなく、転職でも役に立つ資格です。今は高齢化社会の為に、福祉関係の資格を持っている人が求められている世の中なので、とても重宝されます。通信ならば、働きながらなど、自分のペースで勉強を行うことが可能であり、空いた時間に自由に勉強出来るというメリットがあります。子育て中の方でも、少し空いた時間に勉強するなど、様々な対応が可能なので、とてもお勧めとなっています。資格を取得したら、資格を活かした仕事に就いて、ケアマネジャーなどの上の資格取得を目指すことが可能なので、さらなる高みを目指せる資格となっています。高齢化社会の中で、もっとも注目されている資格の一つとなっていますので、お勧めします。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP