社会福祉士・通信教育でなるには?ランキング!

home > 社会福祉士の情報 > 社会福祉士の資格を通信教育で取得する

社会福祉士の資格を通信教育で取得する

生まれてから死ぬまで、誰の助けにもよらずに生きることができたら、それはすごいことでしょう。まず、生まれてすぐは一人では生きていけません。医療機関や親によって育ててもらう必要があります。何とか食事などができるようになれば、今度は教育を受ける必要があります。親が教育を行うことはできないので、保育施設や学校等を利用します。学校を卒業すれば、とりあえずは自分だけで生活できるようになります。ただし、病気などになれば、医療機関などの世話になるでしょう。そしてどんどん年齢を重ねると、老化現象が出てきます。病気ではないが、普通に体を動かすことができなければ、介護を受けなければいけません。介護は子供や配偶者であったり、専門の介護施設などを利用して受ける必要が出てくるでしょう。

その他、生まれながらに障害を持っていたり、けがや病気で障害を持つと、同年代の人は一人で生きていてもなかなか一人では生きていけない状態があります。それを手助けしてくれる資格として社会福祉士があります。身体や精神に障害があって日常生活が難しい場合に、それらの手助けをしてくれる資格になります。こちらは、誰でも行えるわけではなく、国家試験に合格する必要があります。福祉系の4年制大学であれば、指定科目を履修するおことで受験資格が得られます。その他は、一定の相談援助期間が必要になります。一般の大学などを卒業している人の場合は、一般養成施設などで1年以上の養成を受けないと受験ができません。受験できるまでは少し大変そうですが、簡単になる方法としては通信制の学校の利用があります。

4年制の大学を卒業している人であれば、1年の養成施設での養成が必要になりますが、その養成を行ってくれるのが、福祉の専門学校や大学になります。普段の学習は、テキストとレポート添削になります。最近多くなったのは、インターネットを利用した教育システムです。こちらを利用すると、映像で勉強ができたり、リアルタイムで質問ができるようになります。養成においては、スクーリングが必要になるので、一定の通学が必要になります。学校ごとにスクーリングの設定場所が異なるので、自分の通えるところに設定してくれているところを選びましょう。学校の本拠地が自分の地元でなくても、スクーリング自体は全国で行ってくれることが多いです。どんな場所で行われるかを調べておきましょう。値段だけで決めてはいけません。

カテゴリ

PAGE TOP