社会福祉士・通信教育でなるには?ランキング!

home > 社会福祉士の情報 > 社会福祉士に関する勉強は通信講座でしよう

社会福祉士に関する勉強は通信講座でしよう

介護業界で大活躍する社会福祉士の資格ですが、この資格を取得するまでには長い年月がかかります。まず、現場での経験が求められるからです。現場で三年は介護の仕事を経験した人でないと、合格をすることができないとされています。ただ、経験があれば誰でも合格できるわけではありません。きちんと勉強をして、国家試験の問題を解けるようになっておかなければいけないからです。実技の方面に関しては、現場で学ぶことができるでしょう。しかし、座学の方面については現場ではなかなか学べません。現場で学べるのは、実際にその場で起こった事例のみです。現場で起こらないことは、現場では勉強できません。そこで、別途勉強をする機会を設けなければいけないわけです。座学については、通信講座ででも勉強をしていけます。必要なことを一通り教えてくれるので助かりますよね。仕事をしながらでも邪魔になりませんから、現役介護士には通信講座が一番便利なのではないでしょうか。


社会福祉士の通信講座のメリット

社会福祉士の通信講座はどのようなメリットがあるのか、これから挙げていきます。まず挙げることができるメリットは、自分の好きな時間帯で学習できることであります。他にも通学講座もありますが、こちらは時間割が決まっていて自分の好きな時間帯でいつでも受講することができませんので、時間制限を受けることになります。しかし、通信講座の場合にはそうした時間制限がありませんので、自分が空いた時間で学習をすることができます。仕事が忙しい方は中々通学講座を選ぶことはできませんので、そうした時に自分の好きな時間帯で学習できるというのはメリットだと感じます。また他のメリットは、費用面で安く済むことであります。通学講座の費用は割高でありますので、受講費用を安くしたいならば通学講座は不向きとなります。その点、通信講座では費用は通学講座よりも安くなっていますので、リーズナブル料金で受講することができます。


社会福祉士国家試験対策において通信講座を取る利点

社会福祉士国家試験対策においては、独学で学習するか通学講座に通うか、それとも通信講座を取るなどの方法があります。この中でオススメは、通信講座となります。それは、独学ではまずモチベーションを保つのが難しくなります。確かに費用は教材費のみとなりますので一番費用は安くなりますが、もっとも大切なモチベーションが続きにくいという欠点があります。分からない所が出た場合には、全て自分で調べて理解することになります。しかし、調べても中々理解できないとしだいに勉強に対するモチベーションが続かなくなってしまいます。また、通学講座においては講師に直接分からないことを聞ける環境は確かに利点ですが、費用がかなりかかるのが欠点となります。一方、通信講座は欠点があまりないものとなります。それは、教材がかなり分かりやすくように工夫されて作られていて、理解しやすいものとなっています。また費用もリーズナブル料金となっていますので、費用面でも利点です。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP