社会福祉士・通信教育でなるには?ランキング!

home > 社会福祉士の情報 > 社会福祉士になるためには通信制でも可能

社会福祉士になるためには通信制でも可能

社会福祉士という職種は、介護福祉士とともに、日本で初めて誕生した社会福祉専門職のための国家資格です。さまざまな生活上の困難を抱えた当事者・家族、あるいは地域の福祉問題の解決を支援するために他の専門職等と協働してソーシャルワークを展開する専門職です。社会福祉士の資格を取りたいと考えるならば、まず受験資格を得なければなりません。受験資格を得る為に最も確実な方法は、福祉の大学や専門学校を卒業することです。しかし、社会人になってから、自分のスキルアップにつなげたいと受験したいと考える方もいるでしょう。また働きながら時間の都合をつけるのは難しいと諦める方もいるかもしれません。そんな方に適しているのが通信制の学校です。通信制は通学の負担を抑えてくれるというメリットもありますし、受講費用も抑えることが出来て受験資格を獲得しやすいです。もし、入学する時に、指定施設で1年以上の相談援助業務実務経験がある場合だと実習が免除されるという点もあります。


社会福祉士を目指すことができる通信講座

社会福祉士を目指したいという場合には、自宅で好きな時間に勉強することができる通信講座に申し込んでみてください。この資格はこれからますます進んでいく高齢化社会のニーズに合っており、転職する際にたいへん役立ちます。この資格試験の範囲は広く設定されていますが、その中からポイントを絞り込んで効率よく学習を進めることができます。7ヶ月間しっかりと勉強することで合格圏へと導いてもらえて、受講料金は一括払いであれば59000円です。この講座は教育訓練給付制度の対象となっています。この講座のカリキュラムに興味がある人は、無料の資料を請求することができます。老人ホームや在宅ケアといった分野で活躍したい人におすすめする講座で、初めての人でも無理なく勉強をすすめることができるカリキュラムが組まれています。ネットから受講を申し込むことができます。


社会福祉士の試験に合格するための通信講座

社会福祉士の試験の勉強をする時に独学だけではうまく知識が身に付かない可能性もあります。どの参考書を購入すればいいのか迷ったり、分からない事がなかなか解決しないと勉強が進まないなどの問題点もあります。そこで、少しでもスムーズに勉強して合格ラインに達するためには社会福祉士の試験勉強ができる通信講座を活用します。通信講座ですと、参考書を準備してくれたり、フォローしてくれたりなど何かと便利です。分からない事もメールや電話で質問して解決できますし、どのように勉強していけばいいのかも教えてくれるので独学よりも勉強が進むスピードが早いです。ただ、基本は一人で自宅で勉強する事になるので、独学と同じようにどれだけモチベーションを高く保って勉強できるかが大事ですので、通信講座だけに頼り過ぎるというのは良くないです。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP