社会福祉士・通信教育でなるには?ランキング!

home > 社会福祉士の情報 > 社会福祉士という資格は通信でも取得可能

社会福祉士という資格は通信でも取得可能

社会福祉士という資格は、介護福祉士とともに、日本で初めて誕生した社会福祉専門職のための国家資格です。どんな役割があるかというと、主に、高齢者や障害者など、福祉ニーズをもつ者に対する相談援助を受け持ちます。ニーズをしっかりと受容し、利益と権利を護るとともに、自立支援のための他の福祉サービス関係者等と連携しながら専門職としての知識や技術を駆使する社会福祉援助の実践を展開しています。この資格を取得したいと考えるならば厚生労働大臣が指定した指定試験機関である社会福祉振興・試験センターが実施する「社会福祉士国家試験」に合格する必要があります。この国家試験を受験するためには、法律に定められた受験資格がいります。この資格は通信教育でも取得することが可能です。習得した知識や資格、学んだことを活かして、キャリアアップや新たなフィールドの開拓を目指していきましょう。


社会福祉士の通信講座はネットで調べましょう

社会福祉士の資格取得のために通信講座を利用する方は多いですが、詳しい情報を事前にネットで調べておく必要があります。ネットの情報は24時間いつでもチェックできますので、都合の良い時間を利用して自宅のパソコンで確認してください。通信講座も最近はサポート体制が充実しており、何か困った事があればいつでも質問できる体制が整っています。資格取得は簡単ではありませんが、社会福祉士の資格を持つことでスキルアップにも役立ちますし、今後働く職場の選択肢などが増えるメリットもあります。通信講座の種類は他にも色々とありますので、自分の気に入った資格を取得するために利用するのがベストです。実際に資格を取得した方の口コミ情報も多数掲載されていますので、参考のために一度口コミ情報に目を通しておくことを忘れないでください。


社会福祉士資格は通信課程でも十分に目指せる

働きながら社会福祉士の資格を目指すなら、通信教育課程を設けている教育機関を利用する手があります。大学や専門学校の中には、社会福祉士の通信教育課程を設けているところもあり、実際に多くの社会人が利用しています。通信といえどもサポートは充実しており、インターネット動画での学習に対応しているところもあります。自宅に居ながらにして細やかな学習が行えるため、疑問点を残さずに学べます。また、それぞれ定期的なスクーリングも実施されており、実際に受講生が集って集中的な学習を行えるようになっています。各校スクーリングは土日に行われるため、お仕事をお持ちの方も無理なく参加できるでしょう。中にはスクーリングに加え、試験に向けた短期的な対面授業を実施しているところもあります。別途受講料が発生しますが、参加すれば模擬試験や特別講義で万全の試験対策が行えるでしょう。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP